MQLファイルと著作権

当方より、MQLファイルと著作権を買い取る場合の料金体系について詳述します。

◆前提として…

 

当方がお客様にご提供するファイルには、「0123_3_M2(1)」といった名前がつけられています(もちろん受け取り後は自由にこの名前を変更できますが、アフターサービスを受けられる際には、この名前をどこかに控えておかれるとスムーズにサービスを受けられます)。

 

この名前には、

 

お客様番号_作成回数_修正回数(無料修正回数)

 

という意味があります。

 

つまり、「0123_3_M2(1)」という名前の場合、「0123番のお客様が、当方に3回目の作成を依頼され、そのファイルを2回修正し、そのうち、1回は無料修正だった」という意味になります。

 

以下、これを前提にご説明いたします。

基本的には…

 

MQLファイルと著作権は、作成料金と同一金額を別途支払っていただくことになります。

 

たとえば、作成料金が15000円ならば、15000円だけでEXファイルは買い取れますが、これに、MQLファイルと著作権を買い取る場合は、さらに15000円が必要となり、合計で30000円ですべてを買い取ることができます(消費税は別途必要です)。

修正の場合…

 

修正の場合にも、基本的には同じ料金設定となります。

 

たとえば、

 

①0123_1の作成料金…15000円だと仮定

②0123_1のMQLと著作権を購入…別途15000円が必要

③0123_1_M1の修正…3000円だと仮定

④0123_1_M1のMQLと著作権を購入…別途3000円が必要

⑤0123_1_M2の修正…2000円だと仮定

⑥0123_1_M2のMQLと著作権を購入…別途2000円が必要

 

という具合になります。

ただし…

 

次のような場合、

 

①0123_1の作成料金…15000円だと仮定

②0123_1_M1の修正…3000円だと仮定

③0123_1_M2の修正…2000円だと仮定

④0123_1_M2のMQLと著作権を購入…?

 

この場合、①の金額+②③の最高金額がMQLと著作権料金となり、結局④の時点で、15000円+3000円=18000を別途支払っていただくことになります。

 

また、

 

①0123_1の作成料金…15000円だと仮定

②0123_1のMQLと著作権を購入…別途15000円が必要

③0123_1_M1の修正…3000円だと仮定

④0123_1_M2の修正…2000円だと仮定

⑤0123_1_M3の修正…1000円だと仮定

⑤0123_1_M3のMQLと著作権を購入…?

 

この場合、②の時点で作成についてのMQLと著作権料をすでにお支払いただいているので、あとは⑤の時点で、③④⑤の最高金額である3000円を別途支払っていただくことになります。

 

なので、ファイル修正を繰り返す場合には、修正のたびにMQLと著作権を買い取るよりも、すべて修正が済んだ最後のファイルについてのみ、まとめてMQLと著作権を買い取った方が断然お得です。